2006年05月11日

蕗料理

スーパーで目に付いたので蕗を買いました。

茎の部分はよく実家で食べていた薄味の炒め煮にすることに。
作り方を聞こうと母に電話をすると、

「ゆでてから斜めに切って、油で炒めて、出汁とお酒を入れて少しお醤油を入れるだけよ」

と、手順は分かるもののやはり加減は分からない回答。
「どのくらい?」と聞いてもきっと答えは「少しだけ」だと思い、ここで断念。
母の味って難しい。
収穫は油で炒めることで苦味が和らぐと知ったことと、味付けは醤油だけでよいことでした。

ということで結局かなり自己流になりましたが、作り方はこんな感じ。

【作り方】
@蕗4本は板ずりしてから3分くらいゆでて皮をむき、2-3mmの斜め薄切りにする。
A鍋にサラダ油約大さじ2を熱して@を炒め、ひたひたになる程度の出汁を入れる。
B酒大さじ1、醤油小さじ1強を加えてしばらく煮る。
C最後にゴマを振って出来上がり。

DSCF1366.jpg

加減がよく分からず、少し薄味すぎたかもという出来上がりでしたあせあせ(飛び散る汗)


葉の部分は油揚げと一緒に佃煮にしました。

【材料】
・蕗の葉 2枚分(2枚はあまりきれいでなかったので破棄)
・油揚げ 1枚

【作り方】
@蕗の葉は塩茹でにして、一晩水にさらしてあくを抜く。
A@を細かく切り、油揚げも縦半分にしてから薄切りにする。
B蕗の葉を油大さじ1で炒め、油揚げも加えて炒める。
Cめんつゆ大さじ2と醤油少々で味をつけ、汁気がなくなるまで煮る。

DSCF1370.jpg

適当に作ったわりに、今回はこっちの方がおいしくできたかも。


あとは、写真を撮り忘れましたがベターホームのレシピを見てゆでた蕗の茎とわかめの酢味噌和えも作りました。
これも歯ざわりと香りが良くておいしかったです。
posted by 食いしん坊 at 11:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ふき(蕗)フキ
Excerpt: 「ふき(蕗)フキ」料理レシピのブログ記事から美味しそうなものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年8月11日収集分= *へる...
Weblog: 料理レシピ紹介サイト:ブログでCookin'!
Tracked: 2006-08-12 18:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。